2011年05月18日

きんぴか・真夜中の喝采  浅田次郎


内容(「BOOK」データベースより)
草壁明夫が殺された。広橋をスケープゴートにした大物政治家・山内龍造の悪行を報道した、あの気鋭のジャーナリストが…。
訃報を耳にした広橋は凍りつき、草壁に伝え忘れたセリフを口にするために立ち上がる。
一方ピスケンと軍曹は、ヤクザと悪徳政治家が自己弁護と保身に走るなか、正義の暴走を敢行する。
三悪漢の破天荒な物語、ひとまず完結。


   **  **  **

完結。
やっぱり浅田次郎だ。
ただの痛快悪漢小説で終わらない。
笑って、笑って、うっかりしていたら涙を落っことしてしまう。

今作もそうでした。
気楽に電車内でページをめくりだしましたが、
衝撃が起き、目に涙が溢れてくる…
いけねぇ…。これはマズイ。
泣いてまう!!!!
不意打ちの“泣き”には弱いんですよね。

“泣かせるぞ〜泣かせるぞ〜”という小説よりは
こういったほうが好き。

にしても、不器用な男たちの行く末はすこしだけ寂しいものがありました。
光が見えたり、彼らの先が見えることは嬉しいことなんですが、やっぱりこのキャラクターたちを好きになってしまったからには、
いつでもあの場所にいるんだ、と思いたいものです。

マムシの権左のラストもシブいじゃないか。



“ひとおつ、情けは人のためならず。ひとおつ、チリも積もれば百万円。ひとおつ、お客様は、生かさず殺さず半殺し!”
前半に出てくる町金の社訓です。


でも、最初に読んだ、という理由もあるかもしれませんが
プリズンホテルの方が好きっすね。

へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
励みになりますゆえ。



posted by オハナ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

きんぴか――血まみれのマリア   浅田次郎


内容(「BOOK」データベースより)
ピスケンが恋をした。お相手は、「血まみれのマリア」こと阿部まりあ。
泣く子も黙る救急救命センターの看護婦長で、今まさに息絶えんとする重体患者を救うこと数知れず、の奇跡を呼ぶ女だ。
あまりに意外な組み合わせに、驚きのあまり絶句する軍曹とヒデさん。
一途で不器用なピスケンは、マリアのもとに通いつめるが…。
悪漢小説の金字塔、佳境の第2幕。


  **  **  **

きんぴか第二弾です。
何が気になってこの本を手にしたかと言いますと、
この二冊目のサブタイトルにもあるマリア目当てだったのです。

以前読んだプリズンホテルシリーズでマリアと出会いました。
そして、ようやく再会。

やや!まさかのピスケンとの恋愛ですか!
時代錯誤の仁義を尊ぶヤクザな男、ピスケン。
救命病棟をかけずり回り、泣く子も黙る看護婦長、数々の重篤患者を生き返らせた奇跡の看護師マリア。
この二人の恋愛のやりとりは想像できなかった。
そうくるんだー、とニヤニヤしながら読んでしまいました。
(全然甘くないんだけどね)


軍曹と上司のくだりは感動しました。
今回、軍曹もいい味だしてます。
「良心とは不自由なものだ」
浅田次郎はさらりと言ってのけますね。


この本は一気に読むほうがいいですね。
私はなかなか時間が取れず、一気読了とはいきませんでした。
残念。


へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
励みになりますゆえ。

posted by オハナ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

三人の悪党―きんぴか―  浅田次郎


疲れているときって、軽快なものがいいですよね。
そうそう、こんな本がぴったり。

プリズンホテルを読んだらこっちもいいよ、
というのを聞いて積読していました。
疲れた時はやっぱり大衆娯楽小説です。


内容(「BOOK」データベースより)
阪口健太、通称ピスケン。
敵対する組の親分を殺り13年刑務所で過ごす。
大河原勲、通称軍曹。
湾岸派兵に断固反対し、単身クーデターを起こした挙句、自殺未遂。
広橋秀彦、通称ヒデさん。
収賄事件の罪を被り、大物議員に捨てられた元政治家秘書。
あまりに個性的で価値観もバラバラな3人が、
何の因果か徒党を組んで彼らを欺いた巨悪に挑む!悪漢小説の金字塔。


   **  **  **

まさにアウトローなヤローたちの悪漢小説(ピカレスク)です。

違う出自を持ちながら同じ感性を持った人間、
3人が悪党たちをスパッ、スパッと切っていきます。

とはいっても、
この3人のクセがたまらん。
ひとりひとり彼らのキャラクターを書きたいのですが、
各々400字はいきそうなので割愛させていただきます。(嘘デス)


もともとなら知りあうこともなかった3人。
ある刑事のはからいで出会うことになったのですが
私はこの刑事が気になります。
これはきんぴかシリーズと言われるものなのですが
この刑事、もう出てこないのでしょうか……。


この3人は不器用だけど、
人間が持っていなきゃいけないものをちゃんと握りしめて生きてきた人たち。
(あ、これに通ずるのは同氏のプリズンホテルですね)
それなのに、社会に爪はじきにされて生きていくことになった。

広瀬は言います。
僕も同じような不条理から葬り去られた一人です。
無欲捨身の正義が私欲保身の権力によって葬られる。
現代の不条理とはそういうことです


物語の始まりですよ、と。



しかし、しかしこれを読んでいるとき
めちゃくちゃ疲れていたので
取りこぼしがありそうなんです。
それを思うとちょっと悔しい……。


へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
励みになりますゆえ。


posted by オハナ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

プリズンホテル・春   浅田次郎


内容(「BOOK」データベースより)
義母の富江は心の底から喜んだ。
孝之介が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になったというのだ。
これでもう思い残すことはない…。忽然と姿を消した富江。
その行方を気に病みながらも、
孝之介たちは選考結果を待つべく「プリズンホテル」へ。
果たして結果はいかに?懲役五十二年の老博徒や演劇母娘など、
珍客揃いの温泉宿で、またしても巻き起こる大騒動。
笑って泣ける感動の大団円。


       **        **

とうとう最終巻です。
早く続きが読みたくて、ここ最近はプリズンホテル一色、
急いたおかげで、もう4巻目。
読み終えたくないのに……。
ページを捲ったら最後、あれよあれよと読了しました。

悪名高きサディストといわれる小説家の山場では、
涙がどんどんこぼれてきました。
今まではかろうじて、涙を滲ませるに留めていたのに……
ボロボロでした。

まったくカッコイイ人は出てこないし、
出来た人間も出てこない。
でも、人間が持っていなきゃいけないモノをちゃんと握りしめて、
それを大事にしている人たちばかり。

最後に、偏屈狭量短気な小説家の心は清らかでした。
でもやっぱり、偏屈狭量短気のままだとは思いますが。

そして、それを温かく包むパープーお清。
私は頭があがりません。
……パープーだけど。


ずっと薦められていた「プリズンホテル」
ようやく読み終えました。
もっと強く言ってくれなきゃ……、
後回しになってしまいました。

もっと強く言ってくんなきゃ……。



↓↓↓へぇ〜。って思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by オハナ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

プリズンホテル・冬 浅田次郎


内容(「BOOK」データベースより)
阿部看護婦長、またの名を“血まみれのマリア”は心に決めた。
温泉に行こう。雪に埋もれた山奥の一軒宿がいい…。
大都会の野戦病院=救命救急センターをあとに、
彼女がめざしたのは―なんと我らが「プリズンホテル」。
真冬の温泉宿につどうのは、いずれも事情ありのお客人
。天才登山家、患者を安楽死させた医師、リストラ寸前の編集者。
命への慈しみに満ちた、癒しの宿に今夜も雪が降りつもる。


       **        **

さて、また笑わせてもらおう!!
と、勢いよく三冊目を読み進めました。

しかし、笑うつもりが、涙が……涙が滲んできます。

もちろん随所に笑わせてもらうんですが、
今回は「死」がテーマなのでしょう。

登場人物の、
死を覚悟しながら登攀する、天才登山家。
血まみれの職場、救急センターで働く看護師。
患者を苦しみながら安楽死させたペインクリニックの医師。
いじめに苦しむ自殺願望のある子供。
リストラ寸前の編集者……。
愛を表現できない偏屈小説家。


やっぱり、この方たちの凍えた心を溶かすのは、
プリズンホテルの温かい人情なのです。

極道とはいっても、
「いつでもどんなときでも、
女子供や年寄りを泣かせちゃならねぇ。極道のアイデンティティはそれだ」

っていうんですから。

相も変わらず主人公の小説家は、
恋人に傍若無人で人でなしな行動をとります。

でも、次第に彼の心は揺さぶられ、
少年のまま成長した彼をゆっくり解きほぐしていきます。

彼がどんなに繊細で、
優しい心を持っているかを知る支配人の配慮に、
私は心をグッと掴まれました。


「なんなのよ!浅田さん!!ページをめくる手が止まんないじゃないのよ!!」



↓↓↓へぇ〜。って思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by オハナ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。