2010年12月22日

たとえ朝がきても   北方謙三



内容(「BOOK」データベースより)
かつてのパートナー、山崎進一を追いつめるために、
私はこの街へやって来た。
裏切りに楔を打ち込む。
そう心に決めて、山崎の居所を探った。
その直後に私を阻む不穏な動き。山崎の背後にいる者は誰か。
あいつの裏切りは何を意味しているのか。
自分が火種になるしか、真相を暴く術はなかった。
揉め事を起こすにつれて、明らかになる街の権力抗争。
傷ついた男たちの癒えぬ哀しみ。
そして、黙した女に秘められた愛。
それぞれの夢と欲望が交錯する瞬間、虚飾の街は熱く昂ぶる夜を迎える。
孤高の大長編ハードボイルド。


       **        **

山崎を探すために波崎はやってきた。
どうしても見つけ出さなきゃならない。
山崎に対しての気持ちは、よくわかっていない。
ただ、ただ探さなきゃならない。

友情を感じるか、
どこで感じるかは人それぞれでしょう。
波崎は最後に感じることができ、
そして、死ななかった。
殺しても死なないらしい――
でも、こういう人が『生』を心地よく感じだしたら、
向こう側に行ってしまうことがあるんですよね。

シリーズ第二弾、ソルティより波崎の方が好感が持てます。
人間臭く、頑固者。他の人物より頑固所が微妙に異なります。
女の口説き方も、ソルティより自然かな。


シリーズを通して、よく血が流れます。
誰かは雄々しく死んでいきます。
しかし、
私としては全くのノーマークだった人物が、途中退場となった。
……いや、伏線は確かにあったんですが、
その人物が薄いままだったんです。
もっとエピソードちょうだい!!!!

ラベル:小説 北方謙三
posted by オハナ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北方謙三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

遠く空は晴れても    北方謙三


内容(「BOOK」データベースより)
夏の海が吼えていた。
灼けつくような陽をあびて、私は教会の葬礼に参列した。
不意に、渇いた視線が突き刺さる。
危険な匂いが漂う男、川辺との出会いだった…。
やがて、川辺は芳林会の内部抗争を惹き起こす。
だが、奴の標的は別の何かだ。
トラブルしか縁がないために「ソルティ」と呼ばれる私は、
この街の利権抗争に深く踏み込んでいく―。
酒瓶(ボトル)に懴悔する男の哀しみ。
街の底に流れる女の優しさ。
虚飾の光で彩られたリゾートタウンで、
ハードボイルドの系譜を塗りかえる弧峰の大長編小説の幕があく。


        **         **

最近はもっぱら『ハードボイルド』一色です。
以前upしたブラディドールシリーズで十分楽しんだんですが、
シリーズの連中たちと、今作の約束の街シリーズが合流すると耳にしました。
これは……読まなければ……年を越せないと思い、
約束の街シリーズ一冊目を手にとりました。

ハードボイルドの必須アイテム、
酒、車、暴力、女に加えて、
気障(あえての漢字)が想像以上にパワーアップしているように感じました。
若月という主人公だからかもしれませんが、
女に吐くセリフが衝撃的でした。

女に周辺に変わりがないか、若月が会いに来た時の言葉。
『顔を見に来た。声も聞きに来た。君の瞳に見つめられにも来た』
衝撃を受けて、ページを捲ると、
『気障な科白、似合わないわね、まったく』
と言われていたので、なんとなくホッとしました。

まだまだ一冊目、これから人物も動き出すでしょうし、
面白くなってくるのが楽しみです。


↓↓↓へぇ〜。と思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
ラベル:小説 北方謙三
posted by オハナ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 北方謙三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

ふたたびの、荒野    北方謙三


内容(「BOOK」データベースより)
冬が海からやって来る。
毎年それを眺めているのが好きだった。
鈍く輝きはじめた海を見て、私は逝ってしまった男たちを想い出す。
ケンタッキー・バーボンで喉を灼く。
だが、心のひりつきまでは消しはしない。
いま私にできることは、この闘いに終止符を打つことだ。
張り裂かれるような想いを胸に、川中良一の最後の闘いが始まる。
“ブラディ・ドール”シリーズ、ついに完結。


      **        **

とうとう最終巻。
街を引っ掻き回して、たくさんの人を死なせた出来事に
目をそむけることなく、決着をつけるときがきた。

それでも生きるのか――と自嘲気味に己に問う川中。
川中と長年いた片割れ、キドニー。
川中を慕う坂井、下村、高岸。芸術家。
闇医者。経営者たち。

他にも男たちはいた。
自分の守るべきもの、
確かなものをしっかりと握りしめながら死んでいった。

ダンディズムをこれでもかというほど、
北方先生は魅せてくれます。
それも長編を10冊、一人称で書き上げました。

かっこよすぎます。

女に生まれても、こんな生き方に憧れます。
こんな男たちを見せつけられると、
男性を見る評価が厳しくなりそうです。(嘘です)



↓↓↓へぇ〜。と思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ラベル:小説 北方謙三
posted by オハナ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 北方謙三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖域      北方謙三



内容(「BOOK」データベースより)
高校教師の西尾は、突然退学した生徒を探しにその街にやって来た。
「臆病なんですよ、俺は。
自分でも情けなくなる…」西尾はそう呟く。
だが、それでも自分を信じたいと思う。
沈黙しつづけるばかりの人生に幕を下ろしたいと、西尾は願った。
西尾は教え子が、暴力団に川中を殺すための鉄砲玉として雇われていることを知る。
一体なんのために…。
しかし、黙したまま堕ちていこうとした少年の決意を知ったとき、
西尾の魂に火が点いた―。
己の魂の再生に賭けた男の姿を描く“ブラディ・ドール”シリーズの第9弾。


       **        **

経営者や著名人、ヤクザものでもない男。
人を殴ったことも、殴られたこともない男。
高校教師・西尾。
自分でも、臆病だ、という男が舞台に躍り出てきます。

ただ、ヤクザになろうとしている生徒を追いかけてきた西尾。
監禁され失禁するような西尾がどのようにして、
ブラディ―ドールの骨太と肩を並べていくのか、
それが今作の魅力だと思います。

『普通』の男。
一般的な男だと思います。
それが、この一冊の中で大きくはみ出していきます。
ひねた下村との友情も見逃せません。

後半、西尾の殻が破れかかりはじめるところでは
読み手を不安にさせます。
ふり幅がおおきくなったときは
心も体も狂わせるものですね。


最後のページは噛みしめながらゆっくり読みました。



↓↓↓へぇ〜。と思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ラベル:小説 北方謙三
posted by オハナ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 北方謙三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

鳥影     北方謙三


内容(「BOOK」データベースより)
男は、3年前に別れた妻を救うために、その街へやって来た。
「なにからはじめればいいのか、やっとわかったよ。
殴られた。死ぬほど殴られた。殴られたってことから、俺ははじめるよ」
妻の死。息子との再会。
男はN市で起きた土地抗争に首を突っ込んでいき、
喪失してしまったなにかを、取り戻そうとする。
一方、謎の政治家大河内が、ついにその抗争に顔を出し始めた。
大河内の陰謀に執拗に食い下がる川中、そしてキドニー。
いま、静寂の底に眠る熱き魂が、再び鬨の声を挙げる。
“ブラディ・ドール”シリーズ第8弾。


      **          **

父と子。
父は子に“男”を見せなければならない――。
それはどこの家庭でもそうでしょう。
子も望んでいるはずです。

しかし、子が親に気付かせることもあるのですね。
今作に出てくる息子・太一は中学一年生、
男を見せました。
年齢は関係なく、約束を守り続けたのです。
男と男の約束を――。
ラストは衝撃……まじですか、北方先生……。


大物フィクサーが顔をとうとうだしてきました。
狡猾でヤクザもの以上に面倒な男。
私の読むスピードもフルスロットルです。


210p引用
この街で出会った男たちの共通点は、表面は別として、
心の底にどうにもならない暗さを感じさせるところだ。

この街の登場人物は、何がしかの暗さを持っています。
こういうのを持っている人って、
物凄く惹かれてしまいます。
暗さに大小関係はありません。




↓↓↓へぇ〜。と思ったら押してみてください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ラベル:小説 北方謙三
posted by オハナ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 北方謙三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。