2011年06月30日

映画・Super8


8.1 .jpg
ストーリー:1979年、アメリカ・オハイオ州。8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、貨物列車の衝突事故が発生。
貨物列車は空軍施設・エリア51からある場所へと研究素材を極秘に移送中だった。
アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、事故の一部始終が記録されていたが……。


ビッグネーム2人が手掛けるとあって相当話題になっていましたし、
予告も派手でめちゃ気になっていました。

これは私存分に楽しめました。
賛否両論はあるかと思いますが、J・Jからスピルバーグへのラブレターとどこぞのコピーに書かれていたものに強く頷きました。

主軸ストーリーはまさにSF!なのですが、
それを置いといても楽しめます。
サイドがうまく絡み合っていたように感じました。
(少年たちの映画作りだけを切り取っても面白い。ある意味、少年たちの大冒険という感じ)

ラストはちょっと涙を落っことしそうになりましたよっと。


8,2.jpg
ちなみに、少女(ヒロイン)をどっかでみたことあるなーなんて思っていたら
以前観賞した『SOMEWHERE』に出ていたあの子でないかい!
エル・ファニングちゃん。
後になって気がついてしまいました。
失敬失敬。



ラベル:映画
posted by オハナ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。