2011年06月05日

2011年5月

5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1375ページ

真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)
終わっちまった。そして今作はうかつにも電車内でポロリと涙を流してしまうところでした。ラストは彼らの光があることを願うけど、やっぱり三人のファンとしてはちょっと淋しい。彼らは今も不器用ながらも元気でやっているだろうか、そんなことを今考えています。
読了日:05月18日 著者:浅田 次郎
ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)
どんだけ再読してんだろ…。大麻農家なんてだんだん笑えてくる。この世界観ってちょっとクセになる。
読了日:05月16日 著者:リリーフランキー
抱擁、あるいはライスには塩を抱擁、あるいはライスには塩を
再読。江國文章に酔う。あーもう、桐叔父の空気感が切なくて儚くてやっぱり好き。「かわいそうなアレクセイエフ。みじめなニジンスキー」
読了日:05月13日 著者:江國 香織
真昼なのに昏い部屋真昼なのに昏い部屋
装丁が素敵です。読み終えるのがたまらなく惜しかった。前半は不倫だということを忘れてしまう。江國さんの描写はとても美しくて、それらは映像となって現れる。体の内側から温かくなるような感じ。ラストでは残酷なものとなっているけど、それがまた江國ワールド全開で好き。
読了日:05月11日 著者:江國 香織

読書メーター


5月はまったく読めていません…。
お仕事が詰まっていたのです。

再読本がほとんどですね。
いろいろと考えているときは、
新しいものには手を出さずに、
パラパラと好きな本を読むに限ります。
読みたいなぁーと思う本はグッと我慢。
なもんで、積読本ばかりが増えていきます。

江國さんの「真昼なのに昏い部屋」は、
もう、ほんとによかったです。
あの表現はとても好き。

恋をしたら景色が変わる。
すべてがキラキラとする。

わかる。うん。わかる。

「ボロボロになった人へ」は、
もう何度も読んでいます。
何が面白いのか……何でしょう?
自分でもよくわかりませんが、とにかくクセになる本なのです。


6月はぼちぼちと読んでいきたいと思っとります。

posted by オハナ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。