2011年05月17日

映画:ジュリエットからの手紙

1juliet.jpg
イギリスに住むクレアのもとに、50年前にジュリエットに宛てた手紙の返事が届く。
それはかつてイタリアで出会った男性への想いを綴ったものだった。
手紙に背中を押されたクレアは返事を書いた女性ソフィーと共に、初恋の人を探す旅に出ることに……。


   **  **  **

愛とは遅すぎることがない

ただの恋愛映画とは少し異なります。
難しい言葉は交わされないのですが、何気ない一言が心にズーンときます。

110429_juliet_int2.jpg
50年前も前に終わった恋がふたたび蘇る。
ヴァネッサ・レッドグレイヴの美しい振る舞いはお婆ちゃんとは言わせません。
素敵すぎる!

やっと探しだした彼、70歳を超えてもこんなにカッコいい白馬の王子はいません!
登場したときはクレアと同じくドキドキしちゃいました。

この映画はふたつのストーリーになっています。
50年の時を経て成就する恋と、
今、目の前の大切な人をつかまえる恋。

どちらも行動力が大切なんですねぇ。

きっかけとなったソフィーがクレアに出した手紙が最後にやっと読まれるんですが、
それがイイ!最後に持ってきたあたり思わずニヤリ。

終始ニヤニヤが止まらない映画。
アマアマ恋愛映画ではないので、苦手な人もいいのでは?


そして、アマンダもなんだか大人な雰囲気。
マンマ・ミーヤの方がやっぱり超可愛いと思いました。


へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
励みになりますゆえ。

タグ:映画
posted by オハナ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201835106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。