2011年02月01日

2011年1月分

1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1302ページ

グロテスク〈上〉 (文春文庫)グロテスク〈上〉 (文春文庫)
読了日:01月31日 著者:桐野 夏生
神のふたつの貌 (文春文庫)神のふたつの貌 (文春文庫)
ミステリではないが、貫井さんの筆力によりぐいぐいと読まされました。神と言われても、私はピンとこないですが……。ただ最後の解説を含めたら評価はぐんと高くなります。
読了日:01月27日 著者:貫井 徳郎
あ・うん (文春文庫)あ・うん (文春文庫)
三角関係なんだけど、嫌な印象を受けないのは向田さんの良さなんでしょうね。娘・さと子の恋の行方がとても切ないです。「一番大事なことは口に出さない」ことを知ったさと子。子供のような大人たちと、大人になりつつある娘の距離感も好きです。
読了日:01月11日 著者:向田 邦子
号泣する準備はできていた (新潮文庫)号泣する準備はできていた (新潮文庫)
どんなに大切で、愛している人でも、その人が自分にとって「必要でなくなる」瞬間、いつか「必要がなくなる」だろうと感じた瞬間。切ないなんてものじゃなく、絶望という感情が出てきました。それでもうろたえない。真正面から引き受ける女たち。
読了日:01月07日 著者:江國 香織

読書メーター


今月は読んでいませんね。
ぼーっとしていましたから。
一月は毎年そうです。

今年はいろんな作家さんを読みたいです。
今のところ気になっているのは
三浦綾子さん。

でも、それを読むのはいつのことになるだろうか。
今手元にある積読本は、物凄い数になっています。
まずはこれを読んでから。
posted by オハナ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183644309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。