2011年03月31日

その日のまえに   重松清


内容(「BOOK」データベースより)
僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。
昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。
消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。
死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。


   **   **   **

薦められるがままに、何の前情報もなく読みました。

あかん!……泣いてたまるか!って思いながら読み進めるも、涙がじわじわと溢れてきました。
普段なら泣かなかったかもしれない、
もしかしたら、少し鼻白んだかもしれない、
テーマ自体があざといよー、なんて思うかもしれない。
でも、やっぱり最近は私の涙腺が崩壊しっぱなしなので
そんな言い訳も通用しないのです。


生と死を書いた作品で、
生きること、死ぬこと、のこされること、歩き出すこと
の短編集です。
少しずつリンクされているので連作短編集となっています。

ひこうき雲
どっちかというと嫌われている部類に入るクラスメイトが重い病気になった。
死というものがいまいちピンとこなかったあの頃。

朝日のあたる家
夫を突然亡くした女性のその10年後のお話。
『昨日までいた人が、今日、不意にいなくなる。
そのひとがいようがいまいが、明日は来るの。
だってしょうがないじゃない、そういうものなの、人生ってものは』

私はこの女性の生き方が好きですね。
というよりも女性が強いのかもしれません。
しかも、この女性は娘もいる、
仕事も持っている。
強くならなきゃいけませんものね。

潮騒
末期がんを告知された中年男性のお話。

ヒア・カムズ・ザ・サン
母ひとり子ひとり。
母親が癌になってしまった。
一番涙腺を刺激した作品ですね。
息子目線で語る母親への思いは、口は汚いんだけれども
じわじわと私の喉を熱くさせます。

その日のまえに
その日
その日あとで

三連作。
妻が死んでいってしまう日を“その日”と夫婦は呼ぶことに決めた。
貧乏時代を経て、ようやく経済的余裕を持ち、
息子ふたりと一緒に生活していた矢先……。


一篇を読み終えるたびに、悲しみの思いではなく
どちらかというとしみじみした思いを馳せました。

癌などの治療というのは想像以上です。
見ている側も大変です。

集中治療室などに足を踏み入れると、
患者の姿に絶句して体が動きません。
元気だった人がこんなになるのか――
というぐらいの痩せかただし、
たくさんのチューブがつながって
不謹慎ながらも
「このチューブ、痛いのかな」
なんて場違いな事を考えたりして。
でもなんて言葉をかけたらいいのかわからないし。
なんだこの匂い、と思ったら、
体臭が変化していたり……。
元気だった人が目の前で死に一直線なのです。

と、死はこの本のように綺麗じゃないのですが
でも私はこの本に憧れました。
素直に「いいなぁ」と。


悲しいけれど、「いいなぁ」なのです。




へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
励みになりますゆえ。

ラベル:重松清 小説
posted by オハナ at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | サ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本好きへの50の質問。


おっと。以前やった100の質問のほかに、
50の質問もあったのでやってみました。

提供リンク:本好きへの50の質問

□ 本好きへの50の質問

01. あなたの好きなジャンルについて、その分野ならではの魅力を簡単に述べてみてください。

けっこう何でも読むんですが、人間の内面を鋭く切り取っている本が好きなんですよねぇ。
だからミステリーでも、恋愛でも、ホラーでも、時代ものでも、ほのぼのでもありなのです。

あ、『救いがない』本ってやつ、好きです。
ちょっと重く、心を抉られて読了後に放心するぐらいがいいのですが、
なかなか出会いがね……。

02. この作品を読まない間は、この分野(作家)のファンとは名乗れないと思う……そんな作品はありますか?

特に何もないですね。
好みがありますし。読破すればいいってわけじゃないしね。

03. 「この分野(作家)の作品は読んだことがない」という人に本を貸すことになったら、どんな順で本を貸していきますか?

とりあえず、その作家の評価が一番高い本をススメますかね。
あ、もしくは、その人の趣味に近いものでススメます。

04. 人に薦められて夢中になった作家はいますか? 作者名と、きっかけになった本の題名を教えてください。

桐野夏生さん。たしか『グロテスク』です。

05. 人に本を貸して、「面白かった」と言われたときのあなたの反応を教えてください。

めちゃくちゃ飛んで跳ねて喜びます。
でもあんまり強くススメたことないです……。
無理強いじゃなかろうか……なんて考えてしまう小心者なので。

06. 逆に、「面白くなかった」と相手に言われたときの反応は。

頭ごなしに否定されたら相当落ち込みます。
でも、その人なりの考えや理由があると思うんで、ちゃんと聞きます。
「へぇ〜そんな考え持ってるんやぁ」って。
逆に関心することもあるのです。


07. とても欲しくて、でも手に入れることが出来なかった本はありますか。

ないですねぇ。
高くて手を出せないってのはあります。

08. 手放した・紛失したことを後悔している本はありますか。

うーん。ないです。
学生時代に夢中で読んだ本は手元にないんですが、
気になるものは再度購入しましたので。


09. 本や作品にまつわる思い出をひとつ、教えてください。

うーん。思い浮かばないです。

10. 「もっと若い頃に出会いたかった!」と思う本がありますか? あれば教えてください。

中国史全般ですかね。
特に水滸伝。
あ、プリズンホテルもそうです。


これ、長いんで、お時間が許す方は
続きを読んでみてください。↓↓↓
続きを読む……
posted by オハナ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本好きへの100の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

犬か猫かミニブタか。


休みだからね……
クローゼットの奥にしまってある箱を開けました。

たくさんの写真がしまわれています。
それらを整理しました。
時間がかかりますよね。

いちいちじっくり見て、

思い出を反芻して、

にやつく。


その中でもドキッとさせられた写真。
IMG_0001.jpg
昔、家で飼っていた“さくら”です。
ゴールデンレトリバー。

もうすでに他界。涙。
かわいい……
この視線は私を見つめているのです。


今はなにも飼っていないし、
飼いたい欲もないんですが
飼うなら大型犬がいいなぁって思っとります。

しかし、ツンとした猫もいいなぁ…と。


あとミニブタもね。

pig.jpg

はっきり言って、
全然“ミニ”じゃないから気をつけないとね。
40キロ〜70キロになるらしいから。




ラベル:戯言
posted by オハナ at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

お酒と女の子と私たち。


今月に私の誕生日、来月が友人N(♀)の誕生日、
長年お世話になっているYさん(♂)も来月誕生日、
ということで、祝い事が多いから飲みに行こう、となりました。

いや、誕生日は思い切りYさんの口実なのはすぐに気がつきましたけど。

ご飯食べて、さぁ飲みに行こう。

大阪、梅田。
そこはきらびやかなネオン輝く不夜城の世界、女たちの園。
うすうす気がついてましたよ。
初めてじゃありませんしね。
キャバクラに飲みに行くなんて……。


不安はあったのですが、店に入って即効Yさんが私たちに
「2人とも着替えてきて」
全く初めてじゃないし、
以前は平気で衣装を着ることができても、
もう私たちはいい年齢なので辞退したかった。

無理。
基本的にイエスマンな私たちは笑顔でそれを受け取って着替えました。

ドラミちゃんとAKB48の衣装と聞いていたから
私は、着ぐるみならドラミちゃんがいいなぁ、なんて姑息に逃げに回ろうと思っていたら
やっぱり甘かった。
エロフリルなドラミちゃんじゃねぇーか!!!!
ドラミ衣装をトイレの床に叩きつけたかった……。
私に黄色は似合わない!!!
友人Nにお願いして、私はAKBを着ました。
これ、ファンの方には申し訳ないです。

あぁ……キャバ嬢の視線が痛い。
お願いだから聞いて、
「Yさんのお申し出なのよ!!!」
自分から着たわけじゃないのよ!!

周年記念だというお店のキャバ嬢さんたちもいろいろな衣装を着ていました。
もう若いからみんな可愛いんです。もう無条件でw。
最近の子はガリガリ、いやカリカリですね。
あまりに細い子はちょっとエロさが足りない……などなど不適切発言も多く飛びました。

本当にすいません。
2軒のお店に5時間ほど。
大変お邪魔しましたm(__)m

キャバ嬢さんたち、Yさんが無理難題を言ってごめんなさいね。
その要求に応えると、バブリーな飲み方をしてくれるから
キャバ嬢さんにとっては悪くない話です。

でも、無理を言ってないほうですよ。
昔はもっと酷かったんです。
あーんなことやこーんなこと……。

言い分けはこのぐらいにしといて、とにかく楽しかった。
やっぱり楽しいお酒っていいですねぇ。


そして、偶然お店で出会ったお客、U。
数年間の海外出張から戻ってきて3日で出会ったのは奇跡だね。
ましてやキャバクラで……。


Yさん、ごちそうさまでした!!!

ラベル:日記
posted by オハナ at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

軽蔑  中上健次



出版社/著者からの内容紹介
トップレス・バーで働く美人の真知子と遊び人のカズさんが、
夜となく昼となくくり広げる愛欲の日々…。
新しい愛の形を必死に生きる男と女の運命を鮮烈な感性でとらえた長編。
内容(「BOOK」データベースより)



    **  **  **

中上健次、最後の長編小説。

歌舞伎町のトップレス・ダンサー真知子は、暴走族くずれの遊び人カズさんを恋男にした。
カズさんのことを初めから好きだった真知子。
周りからは、遊び人だから苦労するわよ、と言われても心はカズさんにあった。

ある日、客の前でいつものように煽情的に踊っていると
風のようにやってきたカズさんは真知子をさらっていった。
「これから高跳びだぜ」

恋い焦がれた男と連れ添うことができると嬉しく思う真知子だけど
不安にもなってくる。
なぜ高跳びなのか、
なぜ行き先が恋男の故郷なのか、
二人きりだけで、自分たちらしく生きられる歌舞伎町ではいけないのか。
それらの疑問を強く投げかけることなく恋男についていく。

作中で主人公の真知子が「男と女、相思相愛の五分と五分」と
幾度となく述懐するのですが、
これは呪文のように思えてきます。

どういうことが五分と五分なのか。
男はわかってはいません。
真知子が好きな男はどう見ても“ろくでもない男”
“遊ぶことしか能のない男”
博打を打ち、大きな借金をかかえて奔走する男。

私は読んでいるうちに、
「好きな男と寄り添いたいなら、五分五分と言わずについて行ったらいいじゃないの」
と歯痒くも感じました。
まさに呪文のように2人の運命をがんじがらめにしていきます。

どう考えても真知子の気持ちはわからないし、
共感できないと思いながら読み始めましたが、
そこは中上健次の文章なのでしょう。
女性の繊細な心、男に対する気遣い、女同志のささいなやりとり、
他の男に対しての心境などの描写が巧みです。

なにゆえここまで女性の心理をくみ取ることができるのでしょうか。


高利貸しの男に「綺麗な人だね」と真知子が言われたとき
真知子はこう返します。
「そんな言い方をされたら、女は有難うとしか言えない」
ここを読んでしばし考えました。
すごいさらりとしたかわし方で素敵、なんて感じたのですが
こんなこと言えないです。
でも、真知子ならそう返す。
そんな言葉の選び方が好きだなと思いました。


これはまた是非読み返したいです。
というのも、まだまだ私自身がくみ取れていない箇所が多すぎます。
花やたくさんのメタファーも多い……。


そうそう、この「軽蔑」というタイトル。
この真意をつかめません。
なんとなく感じるところはあったのですが
本を閉じた瞬間に霧散してしまいました。
軽蔑。誰が誰に――。
誰か教えて……(+_+)



へぇ。と思ったら押してください。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
励みになりますゆえ。

ラベル:中上健次 小説
posted by オハナ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ナ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。