2009年11月04日

まほろ駅前番外地   三浦しをん



前作、まほろ駅前多田便利軒の続編。
多田・行天のコンビともいえない二人と、まほろの人間模様を描いてます。


  **  **  **  **  **  **  

前作の「まほろ」は淡々と読んで、正直なんにも心に残らなかった感じです。
なのに、なのに手にしてしまった単行本。
逡巡することなく買ってしまった、単行本。
よりによって、単行本。


前作――別に何が起こるわけでもなく、リアリティある人物なわけでもなく、
「ありそうで、絶対にない設定」
「いそうで、絶対にいない二人組」
漫画的小説のような印象を受けました。

こんな酷評にもかかわらず、買ってしまったのは
多田と行天のキャラクターが忘れられなかったんだと思います。
つまり、私のハートを絶妙な力加減で掴んだってことです。

「いそうでいないキャラクター」ですが、
「どこかにいてほしいキャラクター」であり、
「この街の人たちがいてほしい」と思わせる本でした。


続編がありそうな終わり方ですが、それは望んでいません。
キャラも設定もユルイ作品は、「もうちょっと見たい」と思わせて
フェードアウトが一番心地いいんです。

とか、言いながら、実は気になるのが正直なところ。
『二人の行く先』が見たいのではなく、
いろんな人たちと二人との絡みをのぞきたいんです。
死ぬまで多田と行天が一緒にいるはずもないのはわかっています。
いつまでも二人を、そのやるせない距離感を見ていたい。


あぁ――しかし、行天のような男性ツボです。
少女マンガ的な男性っていうのかな。


前作:


ラベル:小説 三浦しをん
posted by オハナ at 00:27| Comment(0) | マ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。