2009年04月12日

レッドクリフ PARTU


レッドクリフPARTU
監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー フー・ジュン

劉備と孫権軍はたった5万が戦うのは、曹操軍80万の大軍。
天才軍師の孔明はいかに戦うのか。
三国志最大の戦、赤壁の戦い。


** ** ** ** ** ** ** 

これは賛否両論なんでしょうね。
三国志演義ファンからすると、多少なりとも不満が残ると思います。

ジョン・ウーは「三国志」を通して、今の時代に大事なことを伝えたかったんでしょうね。
冒頭でも監督自身のメッセージも添えられ、反戦の意味も含んでいます。


鑑賞中、テンションが下がってしまいますので、三国志演義のことは頭から排除しようと頑張って観ました。これがなかなか難しい行為ですが・・・・・。
やっぱり、事実や長編小説を映像化することは難しいですし、それはそれとして楽しむものでしょう。
三国志演義と掛け放して観る方がいいと思います。エンターテイメントですから。
それとも、三国志を知らない方のほうが面白いかもしれませんね。


私は、トニー・レオンとフー・ジュンが好きなのでそれだけでも満足でした。(トニー・レオンが、たまに右端の口を上げて微笑む表情が好きなんです)
フー・ジュンはなぜか惹き込まれてしまうんですよね。決して主役級ではないのかもしれませんが、名脇役だと思います。
強いていうなら、三国志では曹操ファンなので、残念な気持ちが多少あります。
三国志知らない方が観て、「曹操はおバカさんなんだ〜」と思わないかが心配です・・・・・・。
PARTTの方が私は好きかな。まだ、曹操の両面、孤独さが出ていたと思います。

ただ、やっぱり映像は迫力があって、CGではなくちゃんとエキストラを使っているのにこだわりを感じました。
さすが、ジョン・ウーです。











しかし
やっぱり、言いたい。
三国志演義を頭から排除しようとしても、それは難しいことです。
テンションが下がった部分があるのは否めません。
「大督の妻であろうお方、小喬が敵陣に単身で乗り込むとはどーいうことだよ」
と、一気に冷めてしまいました。
孫尚香に対しても、「涙ながしている場合じゃないよー」
なんて思ってしまいました。

私ったらいけませんね。
映画はエンターテイメントなんですから。



タグ:映画
posted by オハナ at 22:42| Comment(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

トワイライト〜初恋〜



トワイライト〜初恋〜
監督 キャサリン・ハードウィック
原作 ステファニー・メイヤー
出演 クリスティン・スチュワート ロバート・パティンソン

女子高生ベラと美しく謎めいたヴァンパイヤ・エドワードの禁断の恋の物語。
ベラは母親の再婚をきっかけに父と暮らすことになり、転入先で美少年のエドワードと出会う。知的で謎めいたエドワードに惹かれるベラだが・・・・・・。


 ** ** ** ** ** ** 

今日は水曜日でレディースデーなので、仕事帰りにちょっと映画でも・・・・てな感じで、軽く気になっていた「トワイライト」を観てきました。
映画館で恋愛モノって観たことはほとんどありませんが、思っていたよりも良かったです。
おそらく、「あんまり期待していなかった」――という理由もあると思います。

始めは、独特な世界感に入り込めるか心配していたんですが、すぐどっぷりハマりました。女子目線で観ると入り込めますね。
何にも深く考えず、理屈も排除して観れば十分に楽しめます。


私は映画を観ている最中、表情筋が緩みっぱなしでした。
美少年のセリフ一つ一つに動揺、とにかく甘い言葉連発。
まずはこれに酔うべきですね。



私的には・・・・・・・
ポスターではものすごく美少年に見えたのに、映像でのファーストシーンで
「あれ?こんな顔なの?うーんちょっと違うなぁ」
って思いました。
しかし、ストーリーに入り込むと「美少年」にうっとりしている私がいました。単純なんですよ、私。
一緒に観に行った友人は、メロメロに溶けていました。



私は読んでいませんが、原作を読んでいた方にはどうやら不評のようです。
タグ:映画
posted by オハナ at 00:24| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ポトスライムの舟    津村記久子



契約女子社員のナガセの目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行、総額163万円。
お金がなくても、夢は毎日育ててゆける。
芥川賞受賞作。


 ** ** ** ** ** ** **  

まんま大阪が舞台です。
地理も言葉も生きていました。
テレビでよく聞くような関西弁ではなく、生きた大阪弁を使っていて気持ちが良かったです。

しかし……、これは日記なのか??
帯の書評として、「蟹工船よりこっちでしょ」と書かれていました。
いや……違うでしょう。

共感しやすい材料のはずなのに、なかなか共感できませんでした。
残念。

私は、読書家さんたちほど小説を読んでいないので、
詳しく語ることはできません。
純文学、大衆小説に関しても論議・考察をすることはできません。
しかし、純文学といわれるものを読んだときって、
ズドーンと衝撃がくるのです。
この一文に痺れる、抉られるような感覚、何年たっても忘れられない語感。
……それなのに、響かなかったです。
哀しい。
私自身にも何か原因があるような気がします。

津村さん自身には少し興味がでました。




他作に期待したいです!!!!!!
posted by オハナ at 21:11| Comment(0) | タ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。